赤ちゃんの辛~い便秘!うんちが出やすいおすすめマッサージと解消法とは

便秘

赤ちゃんが突然泣き出したり、力んでいるのにうんちが出ないことも。赤ちゃんの辛ーい便秘の悩み!早く解消させてあげたいですよね。

私の娘も1歳で、中々うんちが出ずに泣いていました。そこで、私の家庭で実践していた便秘の「マッサージ」と「その解消法」があり、これが案外効果絶大でした。そこで、そんな赤ちゃんの便秘の解消法についてご紹介していこうと思います。

4日以上うんちが出なくても慌てないで!

 

赤ちゃんの排便のペースは個人差があります。なので、4日以上うんちが出ないこともありますので、慌てないようにしましょう。

毎日出なくても赤ちゃんが元気に過ごし、食欲もあれば、その子の排便のペースがありますので、過度に心配する必要性はありません。

 

ちなみに私の1歳の娘も3日経過してもコロコロ便なことがしょっちゅうでした。便秘になるとうんちは少し出ていましたが、出す時に痛かったようで、綿棒でうんちを出す事を少し手伝っていました。

 

しかし、あまりグリグリするのは、赤ちゃんも痛いです。また綿棒で手伝い過ぎておしりの穴が切れてしまうこともあるんです。だから、綿棒は程々に。

おしりが切れていた場合の対処法について

 

そして、おしりが切れて血が出ていたら、最後おしりを清潔しておいてあげましょう。最後に下記オイルでおしりの穴を優しくマッサージするのも赤ちゃんの便秘に効果的でした。

私の家では、下記のオイルを使っておしりの荒れ対策にも使用していました。

 

<おしりが切れている時の便利アイテム>

・ベビーオイル

・馬油

 

これらでマッサージしてあげると、泣き止みました。おしりは常に清潔しておきましょうね。

 

赤ちゃんが便秘になりやすい原因とは

 

赤ちゃんが便秘になりやすい原因には、主に下記の理由が挙げられます。

 

・水分摂取量が少ないため

・動くことができないため

 

水分摂取量が少ないことの原因には、母乳不足や母乳がきちんと飲めていない等の原因もありますので、水分をしっかり摂取させるようにしましょう。

特にまだ「ズリバイ」や「ハイハイ」ができない動けない赤ちゃんは、特に便秘になりやすいです。これは、お腹や足に力がないため仕方がありません。だから、便秘になりやすくなるのです。

赤ちゃんが見せる便秘になっている時のサインとは

 

便秘になっている時のサインには、主に下記のような状態の時に便秘と疑うと良いです。

 

<赤ちゃんが見せる便秘のサインとは>

・ずっと泣き止まない

・りきんでいる

・お腹が張っている

 

まず一つ目のサインとして重要なことが泣いている時です。ずっと泣き止まない場合は、便秘の可能性がありますので、一つ疑いましょう。お腹が苦しいのです。

 

そのサインと共に便秘と判断するのが、お腹が辛いと赤ちゃんは何度かりきんでいるサインを出しますので、必ずそこを見落とさないようにしましょう。

 

これで苦しいかどうかがある程度判断できます。そして、その後にすることが、うんちが出ているかどうかの確認です。うんちが出ている日数をしっかり把握しておきましょう。

 

お腹がはっている時は横に膨らんでいるので、だんだんとその状態がわかるようになってきます。

 

赤ちゃんの便秘で注意が必要な場合とは

 

そして、赤ちゃんのサインがずっとあるにも関わらず、それらを気付かずに下記のような症状まで現れた場合には、早めに対処するようにしましょう。

 

<赤ちゃんの便秘で注意が必要な場合>

・5日以上ずっと排便がない

・体重増加が見られない

・食欲がない

・すぐに吐いてしまう

 

5日以上コロコロ便もなく、ずっと排便がない場合は、しっかり見ていく必要性があります。特に便秘であるにも関わらず体重増加が見られなかったり、食べたものを吐き出してしまうような場合には、早めに医者の診察を受け、薬をもらうようにしましょう。

今は赤ちゃんの便を和らかくする薬もありますので、できたら赤ちゃんの「サイン」があった時から使用していても問題ありません。早めに気付いてあげましょう。

 

便秘が解消しやすいおすすめマッサージと対策法とは

 

それでは、赤ちゃんの便秘が解消しやすくなった対処法をご紹介していきましょう。

 

<効果を感じた対処法とは>

・ごはんは水分多めのお粥に

・チャイルドムーブチェアの活用

・おしりにオイルをつけてマメに刺激を

・足とおしりは冷やさないこと

実は、あまり歩くことができなかったうちの子ですが、水分もあまりとらなくて困っていました。そんな時にチャイルドムーブチェアが大活躍でした。これに乗ると、おまたが圧迫されるせいかよくうんちをここでしていたんです。

うんちがいつも固かったので、おしりにオイルをつけて、マッサージをよくしていました。また綿棒でおしりの穴に入れて少し掻グリグリもして上げましたが、これはやり過ぎは禁物です。やり過ぎると血が出てしまいますので、程々に。

またおしりと足を冷やすと血流が悪くなり、便秘になりやすくなります。体を温めて冷やさないようにしましょう。

 

 

<効果を感じたマッサージ法とは>

1.両足の裏をそろえて、おへその下を赤ちゃんの踵でグリグリ

2.おしりの穴を軽く刺激

3.お腹「のの字マッサージ」

4.排便時は股間の部分少し押す

歩くことができない生後0~6ヶ月頃は、色々な方法で赤ちゃんのお腹に刺激を与えて上げることが大切です。特に「1」の方法は非常に効果があったので、皆様もぜひ試してみて下さい。

また排便時には、うんちが固くて出にくくて、泣いてしまうことがあります。そんな時は4の股間部分を少し押してあげて、排便を一緒にサポートしてあげましょう。

まだハイハイができない赤ちゃんは、股関節周辺の筋力がついていないため、押してあげることで、うんちを出しやすくしてくれます。

 

※但し、おっぱいの飲んだ後や食後すぐは、吐く恐れがあるのでやめましょう。

またズリバイやハイハイができるようになってくるとまた良く出るようになるかと思います。

 

 

まとめ

動くことができない赤ちゃんが便秘にならないでいるのは、中々難しいものがあります。

 

・ミルクを飲まない子

・母乳がうまく吸えない子

・歩くのが遅い子

 

その子様々なです。ちなみに、私の娘は歩くのが遅く、ズリバイやハイハイが遅いタイプですが、少しずつ動けるようになり、そこからまた便に変化がありました。

一時一時の悩みですが、赤ちゃんが泣いているのは、赤ちゃんの「サイン」です。赤ちゃんの小さなサインを見逃さないようにしながら、赤ちゃんの体調に少しずつ色々試しながら気付いていってあげましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サプリ
自律神経の乱れと闘った4年間!私はこれで改善した!自律神経の乱れの改善法とは

あなたは突然、不眠や肩こり、便秘等の身体の悩み抱えてお困りではありませんか?もしかしたら、あなたは、 …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

便秘
◆授乳中の切れ痔の悩み!悪化させない対処法とは

皆様は実は出産後、痔に悩まされるお母様方が多いのはご存じでしたか?実は、一度痔を患ってしまうと痔その …