乳腺炎の切開手術は痛いの?乳腺炎にならないための対策と私の体験談

乳腺炎

今この記事をお読みになられているということは、もしかしてあなたも乳腺炎でお悩みを抱えている方でしょうか?

私も1人目の出産時にひどい「乳腺炎」を患い、「切開手術」をしたため、同じように乳腺炎で悩む皆様のためにと思ってこの記事を綴っています。

そんな同じ悩みを抱える皆様のご参考になればと思い、今回私の実体験をご紹介していこうと思います。

乳腺炎になりやすい解決できない原因とは

乳腺は、最初から「太い人」、「細い人」がいてこれには個人差があるため、どうにもなりません。一つの運命だと思って下さい。

<乳腺炎になりやすい解決できない原因とは>

・私はもともと乳腺が細かった

私自身は、日々乳腺が細いと助産師さんにも言われていたため、ちょっとした脂ものを食べるだけでもすぐに母乳が詰まっていました。

最悪なことに、私自身の胸はは、非常に母乳が作られやすいため、一層のこと詰まりやすく、一度詰まってしまうと自分で排乳することが非常に難しくなってしまいます。

私は自分なりに必死で対策を打っていた

だから、日々甘いケーキやお菓子、脂もの等は食べないように注意をしながら、産後の生活を送っていました。

しかし、少しだけならと思って、ご褒美をと思ってケーキを食べたその翌日には、もう詰まりが発生してしまうんです。そのくらい乳腺が細く、母乳が作られやすいお母様方は注意が必要です。

<母乳を詰まらせる注意点とは>

・わずかな気の緩みも

・乳腺が細く、母乳が作られやすい方

この2つのことに該当する方は、切開することを当たり前だと思っていた方が良いと思います。「なんでそんな厳しいことを言うの」と思われるかもしれませんが、それが実体験した辛さだからです。皆様にあの痛みを経験してほしくないから伝えています。

私が切開手術するまでの経過と症状とは

それでは、その乳腺炎になり始めてから切開までの経過をご紹介していきましょう。私は、胸が詰まり始めてから下記の様な症状が現れました。

<私がなった乳腺炎の主な症状とは>
・胸がパンパンに腫れ、痛みが現れた
・胸が赤くなった
・胸が熱を持った状態

もうこうなってしまうと授乳や排乳等が全くできなくなります。痛くて排乳することができなくなってしまうのです。この時に、私が自分なりとっていた対処法は、下記の様な対処法をしていました。

<乳腺炎になった時に私が行っていた対処法とは>

・キャベツシップ

・ごぼうのたね

・助産師に相談

 

産後の初期段階からこの3つ方法を実践していましたが、軽い母乳の詰まりであれば、ある程度自分の手で排乳することができます。

しかし、あまりに詰まりがひどくなると自分の技術だけでは、排乳することができなくなります。

そこで、いつもお世話になっていたのが、「助産師さん」です。

助産師さんの排乳技術は、その排乳の仕方もきちんと乳腺と捉えて排出してくれますし、経験値が違いますので、どこが詰まっているのか分析しながら、出してくれます。

だから、私の場合は、1~2週間に一度のペースで助産師さんのところへ通っていました。

しかし、それでもちょっとした気の緩みで、取り返しのつかない乳腺炎になってしまったのです。ケーキ等を食べた翌日の朝には、胸が腫れ、詰まってしまい、胸に激痛が走るようになっていたのです。

しかも、あいにくその日は助産師さんがお休みだったため、その他の病院にあちこち2つも移動しながら、最終的にたどりついたのが、旦那の実家の近くの大きな産科の病院でした。そこで、切開手術を告げられ、すぐに入院になりました。

1つ目の病院でも排乳をしてもらいましたが、もうそれどころではなくなっていたんです。痛くて排乳どころではなく、排乳する助産師さんを蹴り飛ばしそうな程我慢できず、大声を上げていたことを覚えています。

私も迷惑だと今は反省しています。でも、そのくらい痛いということです。そして2つ目の病院で、切開手術と告知されました。

切開手術の時の痛みって?

それでは、実際に切開をしたと時の痛みとは、どのような痛みだったかお伝えしていきましょう。

乳腺炎で腫れた状態になっていますので、麻酔をしていても正直ずっと痛いです。だからあまり、切開している時の感覚はありませんでした。

切開するとほとんどの病院では入院する方の方が多いようですが、私は入院しませんでした。こういうパターンはまれななようです。

また入院するようにすると母乳を赤ちゃんにあげることはできなくなりますので、母乳が出なくなり、母乳をあげなくなるようです。私は母乳で育てたかったので、すぐに退院しましたが、その判断はあなた次第です。

但し、一番痛いのは、その後切開した後に、その傷口からガーゼを詰めて、ドロドロに腐ったミルクを排出しました。このガーゼを詰めて取り出す時の処置が非常に痛かったことを覚えています。

乳腺炎にならないための対策法とは

それでは、実際にこの乳腺炎になってみて感じたことがあります。それは、乳腺炎になる前にしっかりと自分を知り、ケアをしていくための対策をしていくこの乳腺炎の予防こそがもっとも大切だと今は改めて感じています。

その方法には、下記の様な5つの方法があります。

<乳腺が細く乳腺炎を予防するための対処法とは>

・いつでもいける助産師さんと密な連絡を

・ハーブティーの摂取

・ごぼう茶(ごぼうのたね)

・葉酸の摂取

・甘いものや脂ものは徹底的に除外する

甘いものが脂が食べられないなんて。と思うかもしれません。もし私と似たような体質を感じる方は絶対やめましょう。なんせとにかく痛いですので。

私が正直思うのは、出産のときよりも痛いと思います。この痛みを出さないように日々葉酸やハーブティ、ごぼうの種を摂取して、ケアをしていきましょう。

特に母乳は=血液ともいわれる程、血中の栄養分が母乳へと変化するため、その時に良いとされるのが、「葉酸」です。

葉酸は、赤ちゃんの栄養分として妊娠中に良いされますが、決して妊娠中だけではありません。産後の血液をサラサラに保ち母乳としての栄養素としても重要な役割を担っています。

またハーブティーもリラックス効果があり、自律神経を整える上ですごく重要で、産後はこの自律神経がホルモンバランスの影響で乱れやすくなるともいわれています

。この自律神経の乱れが母乳の詰まりを発症しやすくさせるため、その問題をハーブティーで整えることができるのです。

そして、最も大切なことがかかりつけの助産師さんを作り、いつでも相談できる環境を整えることが大切です。いつでも詰まったらいけるような環境を作ることで、母乳の詰まりを上手に改善してくれることができます。

2人目の子供の出産後、乳腺炎にならないためにしていることとは

私は、今では2人目を出産し、今現在まさに授乳真最中です。1人目の出産の時に乳腺炎を経験すると、人目の時は、乳腺炎になりにくいと言われていますが、それは真実かどうかはわかりません。

但し、赤ちゃんが非常に母乳を飲んでくれて、ミルクをほとんど飲みません。日々母乳がなくなってしまう程です。

乳腺が開通されているようにも感じますが、今でも母乳が詰まることがあるため、助産師さんといつでもコンタクトが取れるような環境は整えています。

又私はひどい乳腺炎だったので、産後2人目では、

・ごぼう茶
・葉酸
・ハーブティー

の下記3つのサプリを摂取し、助けて頂いています。今でも上記最低4つの予防法は、今でも実践しています。(ちょこっと甘いものは食べての平気になりました^^)

まとめ

このように、乳腺炎は、一度なってしまうと強烈な痛みを伴います。できることなら皆様に同じ痛みを抱えてほしくありません。

正直私と同じようなた体質である方は、あらかじめの予防しかありません。なってしまったらおしまいです。しっかりと自分を戒めて、乳腺炎にならないため上記の対策をうっていきましょうね。

又1人目と2人目では、乳腺の大きさもだいぶ異なるようですので、その状況をしっかり把握しながら、乳腺炎の予防に努めていきましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

乳腺炎
私が乳腺炎になった時の辛い体験談!皆様にぜひ知っておいてほしいこと

授乳中の皆様にあらかじめ伝えておきたいことがあります。乳腺炎は本当に辛いです。 肉体的な面や精神的な …

おやつ
◆授乳中におやつは食べても平気?産後に注意すべき食材とは

  妊娠中は、食事制限や体重管理を細かく行う産婦人科も多いため、おやつ等も制限される時期で …

乳腺炎
乳腺炎になったらどうすればいいの!?その正しい対処法とは

出産が終わってほっと一息。しかし、その直後から待っている育児の悩み。赤ちゃんに与えている母乳が突然な …