私が乳腺炎になった時の辛い体験談!皆様にぜひ知っておいてほしいこと

乳腺炎

授乳中の皆様にあらかじめ伝えておきたいことがあります。乳腺炎は本当に辛いです

肉体的な面や精神的な面も非常に辛い思いをすることになりますので、高齢出産の方は、乳腺が元々細い等と言われている方は、なるべくはやめに予防していくことがすごく大切です。

それでは、この乳腺炎の体験談と、その私が行った予防法についてご紹介していきましょう。

乳腺炎になる状態とは

乳腺炎で詰まってしまう原因には、主に2種類あります。

<乳腺炎で詰まってしまう2つの状態>
・脂肪の塊の場合
・母乳がドロドロになって詰まる場合

 

脂肪の塊の場合には、白くて丸い球状のものが乳腺を通過し、乳頭まで上がってきて詰まってしまい、赤ちゃんが母乳を飲む際に出なくて詰まってしまう。

サラサラだった母乳は、授乳の時に溜まったしまうことによって、徐々に胸の中でドロドロに変化していきます。

そうなることで、乳腺を通過しにくくなるため、赤ちゃんが飲めない状態の母乳になってしまい、かつ赤ちゃん自身も上手に母乳を吸えなくなる母乳の2種類が存在するのです。

 

私の乳腺炎になるまでの状態や生活習慣について

私の場合は、母乳がうまく排出されず溜まってしまった状態で、ドンドン胸に赤みと発熱、腫れがあり、痛みを伴い、毎日眠れない程非常に痛かったです。

こうなってしまうと、自分自身で母乳を出すことも困難になるため、助産師さんや医師のところへ足を運ぶ必要がありました。

助産師さんに一度みてもらった時には、まだ切開する程ではなかったのですが、そのわずか1週間足らずで、すぐに母乳が詰まってしまいました。

 

その私がうまく排出できなかった原因には、下記のような理由が挙げられます。


<乳腺炎になってしまう主な原因とは>

・自分でもうまく出せない点

・食事が脂ものが多かった点
・乳腺が細い点
・赤ちゃんの母乳飲み方がうまくなった点

等もあり、非常に詰つまりやすい環境が重なっていたのもまた事実です。

切開手術って痛いの?


実際に切開手術をするのって痛くないのか、気になりますよね。一度乳腺炎で詰まってしまうと、すぐに切開するわけではありません。

母乳が熟れた状態つまり、ドロドロの状態になり、きちんと胸から排出される状態になるまで待って、それから切開をするんです。これはきちんと、ドロドロの状態にしないと、切開しても胸の中で残ってしまうためです。

だから、熟れた状態まで、時期を見て切開するんです。私の場合、腫れ上がって背中まで腫れていたので、激痛だったため、切開している時よりも、次の日にドロドロの母乳を出す時の方が、想像以上に痛かったです。

切開で1週間以上の入院が必要な場合、授乳はやめる必要性が!

もしあなたが乳腺炎で切開する必要性があった場合、2つの選択を迫られることになります。

<2つの選択とは>
・1週間以上入院する
・痛くても授乳を続ける

 

という2つの選択を決める必要性があります。私は、痛くても授乳を続ける方を選択しましたが、やはり赤ちゃんを母乳で育てたいという思いが強かったので、切開後もしばらくは安静でしたが、しばらくして授乳を再開致しました。

私が感じたオススメの予防法とは

このように、一度乳腺炎になると、非常に大変な思いをすることになります。

切開をする時も痛いですが、それ以前に赤く胸が腫れ上がった時も非常に痛みを伴うようになりますので、まず寝られなくなります。

特に乳腺が細い方は豆につまる可能性が高いですので、なるべく乳腺炎になる前の予防やケアが大切になるんです。

 

<おすすめ3つの予防法とは>
・ごぼうの種
・葉酸
・ハーブティーの活用

助産師さんに診てもらうと、その胸の状態がすぐにわかり、排乳をしてくれます。私は助産師さんのところに行くと、ごぼうの種をもらって飲んでいました。

しかし、一人目の時は、特に乳腺が細かったため、これを摂取していても詰まってしまっていたんです。

しかし2人目を出産後は、ごぼうの種のみならず、葉酸は血液をサラサラにするという点と、ハーブティーを取り入れてみました。

その結果、乳腺の細い私でも、2日間油ものを食べても詰まることがなくなったんです。

 

 まとめ

母乳は、血液から作られています。そのため、まずは体の管理がとても重要になります。血液をサラサラにするような食生活を心掛けるとともに葉酸の摂取を行うようにしていきましょう。

葉酸は、細胞形成や修復にもつながり、身体をより良い状態に再生を促してくれますので、産後にも摂取すべき成分なのです。

またハーブティーも産後の女性の身体を変えるのに役立つ成分が豊富に含まれていますので、乳腺炎対策に効果的な飲み物ですので、ぜひ小まめに摂取することをおすすめします。



コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

産後
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?その虫刺されの対策法とは

皆様は、赤ちゃんや子供がいるとどうして子どもの所に蚊がよってくるんだろう?又いつこんなに刺されたのと …