◆産後の腰痛は骨盤の歪み?歪みの確認方法と対処方法とは

産後

出産が終わって、ホッと一息したいところですが、出産が終わってもまだ体はすぐにもとには戻りません。そんな身体の状態が回復していない中ですぐに育児が待っています。そんな大変育児の最中に起こる体の悩みの一つに「骨盤の歪み」があります。骨盤の歪みをそのまま放置しておくと、腰痛になったり、便秘になる等様々な不調が現れてきます。そこでそんな骨盤の歪みを解消するためには、どのように対策していけばよいのでしょうか?又骨盤が歪んでいるといっても、歪んでいるかどうかわかりませんよね~。そこで、そんな骨盤の歪み確認する方法についてもご紹介していきましょう。

◆産後はどうして骨盤が歪むの?その理由とは

まずどうして骨盤が歪んでしまうのでしょうか?

<骨盤が歪む主な理由とは>
・妊娠による骨盤の開き
・筋力の低下

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは、産道を確保するために骨盤の靭帯をゆるめ、骨盤を開きやすくする作用があります。

妊娠中に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月くらいかけて徐々に元の位置に戻っていくのが一般的です。しかし、妊娠期間中に筋力が低下したせいで、骨盤は正常な位置に戻りにくくなることも。特に骨盤内のインナーマッスルや内腿の筋肉が弱くなると、歪みが出やすくなります。

また、妊娠中や日常的に横座りや足組みをしたり、どちらか片方の腕や肩で荷物を持つ癖があったり、産後にあぐらをかいて授乳をしたりしていると体への負担が大きく、骨盤の歪みの原因になってしまいます。

◆骨盤の歪みによる主な症状とは

骨盤が歪んだままの状態だと筋肉のバランスが崩れ、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え性や新陳代謝の低下を招きます。骨盤の歪みから神経を圧迫し坐骨神経が出たり、仙骨や尾骨、恥骨の痛みなどが現れることも。

<骨盤の歪みによる主な症状とは>
・冷え性
・むくみ
・便秘
・尿漏れ
・生理不順
・ひどい生理痛
・不妊
・腰痛
・膝痛
・股関節痛
・新陳代謝の低下による肥満
・疲れやすくなる
・肌荒れ

内臓が元の位置にとどまれずに下がってくることから、それを支えるために皮下脂肪が増える問題も出てきます。その他の症状としては以下のようなものがあり、骨盤の歪みによる筋肉の強弱や偏り、柔軟性がなくなることで、体の各部位にトラブルが起きやすくなるのです。

◆骨盤に歪みがないか確認する方法は?

骨盤の歪みを確認する方法はいくつかあります。以下の方法を参考に、歪んでいる可能性があれば早めに骨盤矯正を始めましょう。

<骨盤の歪みの確認法とは>
・片足で立つ
・同じ場所で足踏みして位置がずれないか確認しましょう。
・足を組み替えて違和感があるか
・椅子に座って膝が揃っているか

1.片足立ちが続くか
目を閉じ、片足で立ちます。10秒以上立ち続けられない場合は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

2.目をつぶって足踏みして位置がずれないか
床に目印をつけ、中心に立って目をつむったまま30回足踏みをしてみましょう。目を開けたときに1メートル以上右側に進んでいれば右に、前に進んでいれば前に骨盤がゆがんでいます。

3.脚を組み替えて違和感がないか
イスに座り、左右の足を交互に組みます。どちらか一方が組みにくいと感じた場合は、ゆがみのある証拠です。右の足が組みにくい場合は、骨盤が左側を向いています。

4.椅子に座って膝が揃っているか
背筋をまっすぐ伸ばすイメージでイスに座り、両手を自然にぶら下げます。このときに左右どちらかの膝が前に出ていれば、出ている方向と逆に骨盤がねじれている可能性があります。

◆産後の骨盤の歪みを治す方法は?

それでは、産後の骨盤の歪みを治す方法をご紹介していきましょう。

<骨盤の歪みを改善する方法とは>
・骨盤ストレッチ
・筋トレ
・骨盤矯正グッズの活用

産後のママは赤ちゃんのお世話で忙しいことから、自宅でのストレッチがおすすめです。座った状態でお尻を使って前後に進む「お尻歩き」は、10分ほどのエクササイズで歪みが解消されるだけでなく、新陳代謝のアップに効果がありますよ。また、骨盤回しは、腰をゆっくり回して骨盤の位置を正しい位置に導いてくれます。他にも、次のような方法で骨盤の位置を正すことができます。

<骨盤ストレッチについて>
1.仰向けに寝転ぶ
2. 膝を三角に立てる
3. 膝をくっつけた状態で、両足を左右に倒す

もちろん、整体やカイロプラクティックでプロのケアを受けるのもいいですし、骨盤矯正グッズを活用してもかまいません。自分のライフスタイルに合った骨盤の治し方を見つけてくださいね。

◆まとめ

このように、骨盤の歪みをそのまま放置しておくと、血液循環も悪化し、肩こりや頭痛等も引き起こってしまうため、しっかりとした産後におけるケアが必要になります。骨盤のケアの仕方は、一つではありません。自分の育児と両立できるケアの仕方を確立して、正しいケアをしていきましょう。



コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

産後
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?その虫刺されの対策法とは

皆様は、赤ちゃんや子供がいるとどうして子どもの所に蚊がよってくるんだろう?又いつこんなに刺されたのと …