◆赤ちゃんのゲップはきちんと出そう!きちんと出すためのテクニックとは

ゲップ

出産が終わるとすぐに赤ちゃんへの授乳が始まります。赤ちゃんには母乳やミルクをあげたら、ゲップをさせなくてはいけないというのを皆様はご存じでしたか?授乳ができても、赤ちゃんはゲップがでなくて苦しんでしまうことがあるため、このゲップで悩むママは多いようです。そこで、赤ちゃんのゲップをさせるポイントやでない時の対処法についてご紹介していきましょう。

◆強制的にゲップを出さなくてはいけない理由とは

赤ちゃんにゲップをさせなくてはいけいない理由には、主に下記の理由が挙げられます。

<ゲップを出させる理由とは>
・ミルクや母乳と一緒に空気を飲み込みやすいため

赤ちゃんは、ミルクや母乳と一緒に空気を飲み込みやすく、この余分な空気を胃から出してあげるためです。赤ちゃんはのどの構造が大人と異なり、基本的に鼻から息をしているため、息継ぎをしなくてもミルクや母乳を飲み続けることができるのですが、一度飲み込んでしまった空気をうまく出すことができないのです。

◆ゲップが出ないとどうしてダメなの?

<ゲップが出ないといけない理由とは>
・空気と一緒に飲んだものを吐き戻してしまう
・器官に飲んだものが詰まってしまう
・お腹にガスが溜り、不快感になる

ゲップが出ないと、空気と一緒にミルクや母乳を吐き出して、栄養が足りなくなったり、吐いたものが戻って、気道が詰まってしまったりする可能性もあります。ゲップをさせることは赤ちゃんの身体にとってとても大切なことです。初めからうまくはできなませんので、そのゲップを出させるポイントをいくつかご紹介していきましょう。

◆ゲップをさせるポイントとは

赤ちゃんにげっぷをさせるといっても、初めてのことだと簡単ではありません。慣れるまではパパの助けが必要になるかもしれません。ここでは、赤ちゃんにゲップをさせるコツをご紹介します。自分に合った方法を見つけてくださいね。

<ゲップを出させる2つのポイントとは>
・肩の上に頭がいくような感じで縦抱きで背中を叩いたり、さすったりする
・うつぶせ抱きで背中を軽く叩く

1.縦抱きで背中をトントンする
赤ちゃんの頭を支えて胸、または肩まで抱き上げ、背中を優しくトントンと叩いてあげます。背中を強く叩くと赤ちゃんの負担になるので、軽く叩いてあげることが大切です。ゆっくりと胃から首の後ろあたりまで、手のひら全体で下から上にさすってあげましょう。空気を上げるような気持ちで優しくさすってあげるのがポイントです。

ゲップをさせると一緒に母乳やミルクが出ることもありますので、肩にタオルやガーゼを乗せてから背中をさすってあげましょう。

2.うつぶせ抱きで背中をトントンする
赤ちゃんを膝のうえに乗せて、赤ちゃんの前側に腕をまわし、うつぶせのようなかたちで抱っこします。このとき赤ちゃんの口と鼻がふさがらないように注意しながら、背中を優しくトントンと叩いてあげましょう。

◆ゲップにおける注意点とは?

ゲップをさせるときの注意点は、ゲップが出ないからといって、強く叩いたり無理にゆするような行為は絶対にやめましょう。強く刺激すれば出るというものではなく、これはその時その時で違うので、いつもと違う位置や角度からさすってみたり、工夫してみましょう。

◆それでもゲップが出なかった場合の対処法について

もしそれでもゲップが出ないこともありますので、無理やり出させようと強くトントンしたり、出るまでトントンし続ける行為は絶対にやめましょう。

<それでもゲップが出ない時のポイント>
・一度やめましょう
・右側を下にして仰向けに
・おならが出ていれば問題なし
・寝ている時に吐いてしまったら、顔と身体を横向きに寝かせましょう!

うまく母乳やミルクを飲めて、空気が入っていないことがあります。又知らぬ間に出ていることや、抱っこの体勢を変えた途端に、自然に出てくることも。苦しそうにしていなければ、一度様子を見てください。

様子を見るときは、体の右側を下にして、背中に丸めたバスタオルを挟んで寝かせてあげましょう。腸につながる胃の出口が右側にあるので、右側を下にして寝かすと消化がしやすくなります。余分な空気はおならで出てくることもあるので、いつもよりおならが出ていれば問題ないこともありますよ。

寝ているときに母乳やミルクを吐いてしまった場合、喉に詰まってしまう恐れがあるので、顔と身体を横に向けて寝かせるのを忘れないでくださいね。

◆赤ちゃんにゲップの終了時期とは

赤ちゃんはいったいどれくらいの期間で、ゲップをしなくなるのでしょうか?赤ちゃんの胃が大きくなり、ゲップを出さなくなる時期は、主に下記の様な時期が目安となります。

<赤ちゃんのゲップの終了目安時期>
・赤ちゃんのゲップの終了時期:早くても生後3~4ヶ月頃
・平均的な時期:生後5~6ヶ月頃

首がすわりだしたり、寝返りができるようなったりすると、空気を飲まずにミルクや母乳を飲む方法や、げっぷをするコツを体が覚え、自然と出てくるように。縦抱っこしても何も出てこないことが増えたら、げっぷをさせるのを止めても良いでしょう。

げっぷが出なくて苦しそうにしている場合や、不快な様子が見られる場合は、時期に関係なくげっぷをさせてあげます。生後8ヶ月頃までげっぷの補助が必要な子も少なくありませんよ。

◆病気の可能性も?

新生児や赤ちゃんの胃は大人と違い、蓋がないとっくりのような形をしています。入り口を締める筋肉が十分に発達していないので、ちょっとした体の動きでも吐きやすくなっているのが特徴です。しかし、なかには病気などの可能性もあるので、以下の状況に注意してください。

<ゲップをする場合の注意点とは>
・飲みすぎや体勢の変化
・病気の場合

1.飲み過ぎや急な体勢の変化が原因の場合
口から垂れるようにミルクを吐くときや、少し勢い良く吐いても、その後に不快な様子が見られず顔色が良い場合は様子をみましょう。飲み過ぎや体勢の変化で気持ち悪くなっていると考えられます。

ミルクや母乳をしっかり拭き取り、しばらく縦抱きにして落ち着かせてあげましょう。新生児の一ヶ月検診で体重が増えているのなら、しっかり飲めている証拠です。

2.病気の可能性がある場合
ミルクや母乳を噴水のように勢いよく吐くことが続く場合、「幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)」の可能性があります。

胃の出口(幽門)が狭くミルクが詰まってしまい、悪化すると血が混ざっていることや、胆汁が混ざって緑色っぽくなることがあります。顔色も悪く、体重もあまり増えません。いつもと違う様子が見られたら、病院を受診しましょう。

◆まとめ

このように、胃が成長していない乳幼児の時期において、ゲップが出るのは自然のことです。基本的にゲップをすることは自然のことなので心配する必要性はありませんが、場合によっては、重大な別の病気が隠されている場合がありますので、しっかり赤ちゃんの様子を確認しながら、上記方法を試して、赤ちゃんがどんな時に泣いたり泣き止んだりするのかを反応を伺いながら、対処法を考えていくことがとても大切になることを覚えておきましょう。



コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

産後
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?その虫刺されの対策法とは

皆様は、赤ちゃんや子供がいるとどうして子どもの所に蚊がよってくるんだろう?又いつこんなに刺されたのと …