赤ちゃんはどうして夜泣きするの?その理由と夜泣きで悩まないための対処法とは

夜泣き

出産が終わっても、すぐにやってくる子育て。そんな時の辛い悩みの一つが赤ちゃんの夜泣き。どうして泣いているの?赤ちゃんの気持ちを理解するのはすごく大変ですよね。

中々悩みを分かってあげられない不安やストレスから、うつ病になってしまうことも、、、。そんな時赤ちゃんの夜泣きで悩まないための知識をここではご紹介していきましょう。

「夜泣き」とは


「赤ちゃんはなぜ泣くの?」で紹介したようなお世話をしても泣き止まず、病気でもなさそうなのに、泣く理由がまったくわからない。そんな夜が続くと、「これが夜泣き?」と思うかもしれません。「夜泣き」っていったいどんなことなのでしょう?

夜泣き」とは、多くの日本の育児書などでは、「生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣き」をさしています。昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中になって急に泣きだし、いろいろやっても、泣き止まないという状態が、この時期の赤ちゃんに多く見受けられるからです。
夜泣きが始まる月齢や続く期間、時間帯も赤ちゃんによってまちまち。中には、ほとんど夜泣きの時期がなかったという子もいるようです。

夜泣きの原因と時期について

いったいどうして赤ちゃんは、夜泣きをするのでしょうか?また夜泣きとはいったいなんなのでしょうか?

<夜泣きの5つの原因と時期について>
・睡眠サイクルが不安定
・眠れない
・精神的な不安
・感情のコントロールができないため
・体内時計の機能がないため

 

夜泣きが起こる時期:生後3、4ヶ月頃~1歳半くらい

 

夜泣きは生後3,4ヶ月頃~1歳半くらいまでの、まだ睡眠サイクルが不安定な時期に起こります。しかし、夜泣きの原因は、単に睡眠サイクルだけの問題だけでなく、感情の制御ができず精神的な不快によっても引き起こされるといわれています。

新生児の赤ちゃんは、朝に起きて、夜に眠るという体内時計の機能がまだ十分に備わっていません。その為、朝や夜の区別がなく泣いてしまいます。このため、短いサイクルで寝たり起きたりすることを繰り返し、夜泣きにつながるのです。

 

夜泣きが改善される時期とは

赤ちゃんが空腹でもなく、おむつもぬれていない、特に体に不快や異変が見られないのに夜泣く原因として、様々な説がありますが、残念ながらまだはっきりとはわかっていません。

<赤ちゃんの睡眠リズムの変化とは>
・生後5ヶ月頃~

赤ちゃんの体内時計が働き出し、睡眠リズムができてくる時期。少しずつ、夜にまとめて長時間眠れるようになってきます。この頃から徐々に夜泣きが自然と消えてきます。

基本的な夜泣きの対策とは

まず夜泣きにおいて知っておいてほしいことは、実は、「こうすれば泣きやませることができる」という確実な方法はありません。ママなりに色々やってみているうちに、赤ちゃんは寝入ってしまうことが多いのです。夜泣きはときがくれば治るものです。

 

夜泣きは、行動パターンや時間の長さ、続く時期も赤ちゃんによって異なります。全ての赤ちゃんとママが経験することですので、夜泣きの時は、基本的な対策をまずご紹介していきましょう。

<夜泣き基本的な4つの対策とは>
・抱っこで安心を
・口さみしい場合も(添い乳・授乳・ミルク)
・オムツの交換の場合も
・場所を変えると落ち着くことも

 

<生まれて~生後1ヶ月頃の場合の対処法とは>
・抱っこ
・母乳を与えて心を落ち着かせる
・ミルクを与えてお腹を満たす

 


人の体には、昼起きて夜眠る体内時計が備わっていますが、新生児期の赤ちゃんはこの機能が不十分。昼夜の区別がなく、短いサイクルで「泣く」「寝る」を繰返します。

夜中に泣き出しても、おっぱいで満腹になると、心も満たされ、落ち着く場合が多いようです。

赤ちゃんよって異なる対策法とは

基本的な対策で泣き止まない場合は、さらに様々な泣き止ませに効果的な方法を試していく必要性があります。その方法をいくつかご紹介していきましょう。

 

<泣き止ませの対策方法とおすすめアイテムとは>
・一度起こして、少し遊んでみる
・水の流れる音を聞かせる
・睡眠を促す音楽を聞かせる
・車でドライブをする
・抱っこをしながら、眠る場所を変えてみる
・眠りにある程度付いたら、抱きながら添い寝をする
・一度外に連れていく
・赤ちゃんの夜泣き対策アロマ【エッセンシャルオイル の活用
・赤ちゃん夜泣き対策
クマイリー】 の活用!


ふだん聞きなれているなら、ベッドメリーの音や携帯電話の着メロなど、赤ちゃんの気を引く音をいいタイミングで聞かせると、ハッと我に返って泣き止むことも。

エッセンシャルオイル』は、身体に塗ることでリラックス効果を与えて、赤ちゃんの眠りをサポートしてくれます。

又『クマイリー』なんかも夜泣き対策にはもってこいのアイテムです。クマイリーから流れる音楽は、歌、効果音を合わせて7種類入っており、 様々な感性を持った赤ちゃんに対応できるようになっています。 ご出産のお祝いにお友達や家族にお送りされる方が多く、出産祝いとしても大人気の商品です。

赤ちゃんぐずり泣き対策でも人気第1位となっており売上個数1万個突破している人気急上昇中のおすすめ夜泣き対策アイテムです。私も活用させて頂いており、これが驚きで、流れる音楽が赤ちゃんにすごく心地良いようで、よく寝てくれていて、すごく驚いています。

⇒【クマイリー】の詳細はこちら!

⇒【エッセンシャルオイル】の詳細はこちら!

こうしたアイテムを上手に活用しながら、赤ちゃんの睡眠を上手にサポートしてあげましょう。

 

夜泣きを乗り越えるポイントとは

それでは、いったい夜泣きとどのように向き合っていけばいいのでしょうか?

これは、女性一人だけでは、すごく辛いものがあります。夜中眠る時間がなくなってしまい、これが女性に多い産後うつにも繋がってしまいます。そんな時の夜泣きとの向き合い方をお伝えしておきましょう。

<夜泣きを乗り越えるポイントとは>
・パパの協力が必要不可欠
・昼間もしっかり睡眠を!
・夜のドライブ

 


実際に夜泣きの時期を乗り越えるのは、ママだけでは無理。ひとりでがんばりすぎず、パパの協力や、周囲の人たちの理解を得ることを考えましょう。「そのうち必ずおさまることだわ」と肩の力を抜いて!

まとめ


このように、夜泣きは赤ちゃんにとって、個性の様なもの。その時その時でその表現の仕方は異なりますし、抱っこで機嫌が良くなる子もいれば、そうでない子もいますので、その赤ちゃんの感情を伺いながらより良い泣き止む方法を探っていくことが大切になります。


コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

産後
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?その虫刺されの対策法とは

皆様は、赤ちゃんや子供がいるとどうして子どもの所に蚊がよってくるんだろう?又いつこんなに刺されたのと …