乳腺炎の効果的な対処法とおすすめ「ごぼう茶」と「ハーブティー」の魅力とは

ごぼう茶

出産後に控える乳児への授乳。実は、出産後も大きなトラブルの可能性があることを皆様はご存じでしたでしょうか?その症状の一つに「乳腺炎」があります。

乳腺炎は、すぐに対処をしないと、胸を切開したり、手術をしなくてはいけない大変痛みをを伴う苦しい症状となり、実は、私もこの乳腺炎で切開を経験したことがあるため、授乳時に患う可能性のあるこの乳腺炎についての正しい理解を深め、乳腺炎にならないためのケアの仕方や対処法をお伝えしていこうと思います。

乳腺炎とは

様々な原因により、乳管が詰まったり、乳腺が腫れてしこりとなる炎症のことを言います。その乳腺炎の主な症状として下記の様な症状が挙げられます。

 <乳腺炎の主な症状とは>
・乳管等の部分的なしこり
・胸が赤くなり熱を持つ
・胸が熱くなり炎症を起こし高熱が出る
・関節痛

乳房に小さなしこりがあるのであれば、それを少しずつ搾乳によって排出できれば、問題ありません。しかし、ひどい場合では、乳房が赤く腫れ、熱を持って全体的に硬く張ったように腫れ上がる人もいれば、硬いしこりとなって、あちこちに硬い部分がでてくる人もいるため、その症状は、人によっても差が出てきます。

本来であれば、サラサラとした乳白色の母乳が出てくるのですが、症状が悪化することで黄色かかったドロッとしたクリーム状の液体が出てくるため、排乳もままならなくなります。

しかし、母乳はどんどん作られるため、乳頭では母乳がつまり、中では母乳が作られるため、どんどん母乳が貯まってしまい、胸が張ったりすることで、赤くなり、様々な症状が発症してしまうのです。

又人によって風邪でもないのに38度以上の高熱や関節痛、頭痛を引き起こすこともありますので、自分で対処ができない場合は、なるべく早めに助産師さんによるおっぱいマッサージ及び必要に応じて病院による治療が必要になるのです。

 

乳腺炎の原因とは

それでは、この乳腺炎が起こってしまう原因には、どんな原因が挙げられるのでしょうか?

<乳腺炎の原因とは>
・授乳ができなかった
・長時間の抱っこ
・脂肪分を中心とした食生活
・乳首に傷ができることによる細菌の発生
・日常的なストレス
・睡眠不足
・寒かった
・高齢
・先天性陥没乳頭
・後天性陥没乳頭

 

実は、産後の授乳時における乳腺炎の悩みというのは、ほとんどの方が抱える悩みの一つで、少し気を許すだけでこうした症状が発症してしまうのです。乳腺炎が起こってしまう主な原因として、特に乳製品やケーキ等甘いもの等糖質の高いものや脂肪分の多い食べ物が、血液をドロドロにして母乳をつまりやすくさせてしまいます。

又「35歳以上もしくは高齢出産」による乳腺炎のトラブルは非常に多くなります。

・日常的な過度のストレス

・育児による睡眠不足

・授乳がうまくできない

等、人によって様々な悩みを抱える時期でもあるため、こうした小さなことがきっかけで乳腺炎を発症するため、授乳中はしっかりとしてバストのケアが大切になってくるのです。

 

乳腺炎の予防法とは

それでは、実際乳腺炎にならないためにどんな予防を心がけていけばよいのかご紹介していきましょう。

<乳腺炎になる前のケアとは>
・血液をサラサラにする食生活を心がける
・葛根湯
・ごぼう茶やごぼうの種
・ハーブティー

乳腺炎の症状の多くは、産後の授乳時のおける食生活の乱れによって引き起こる場合が多く、特に野菜を中心とした食生活が大事になります。乳製品や脂っこい食べ物には注意が必要です。主食には、油分の少ないご飯や玄米などが効果的で、パンには乳製品が使用されているので注意が必要です。そこで、私がオススメする日々の食生活を4つご紹介しておきましょう。

<私がオススメする食生活4選!>
・海藻類・きのこ類・根菜類等がオススメ!
・ごぼう茶もしくはごぼうの種が効果的!
・葛根湯を飲みましょう!血流改善に合わせて、身体を温める効果があります。
・温野菜を中心とした食生活の徹底。豆腐や大根、人参、えのき等をノンオイルのドレッシングで食べていました。

 

私も乳腺炎の時は、特に野菜中心の生活を心掛けていました。なるべく油分の摂取を控えた野菜を中心とした食生活を心がけ、身体を温めることが、乳腺炎の予防につながります。その際、体を温める効果のある葛根湯やつまりを改善する「ごぼう茶」や「ごぼうの種」を活用していました。

又もう一つの乳腺炎の原因として、日常的なストレスも母乳を詰まりやすくさせる原因と言われています。

そのため、私はリラックス効果のある「ハーブティー」も一緒に摂取しながら、乳腺炎のケアに努めていました。そうしたケアを継続したことで、2人目の時は驚くほどつまりが軽減されたんです。

その時、私が使用していた「ごぼう茶」と「ハーブティー」は下記のものになります。もし必要があれば使ってみて下さい。

 

私が愛用していたおすすめごぼう茶はこちら!食物繊維9倍!【粉末ごぼう茶 恵巡美茶】

⇒私がお世話になっていた【AMOMAミルクアップブレンド】はこちら!

 

乳腺炎の対処法とは

もし母乳が詰まっており、乳腺炎になりかけている場合は、どのようにケアをしていったら良いのでしょうか?その対処法をご紹介していきましょう。まず大きな対処法のポイントは3つあります。

<乳腺炎の3つの対処法>
・授乳・搾乳・排乳によるケア
・助産師さんによる授乳マッサージ
・切開手術

 1.しっかりとした授乳・搾乳・排乳のポイントとは
まずは、しっかり赤ちゃんに飲ませることが大切です。それでも母乳は作られますので、搾乳をすることで、余分な母乳を排乳していきましょう。乳腺のつまっている部分を手で探りながら、乳頭に向かって押し出していくような感じで、そのつまりをとる様な感じで排乳を促していきます。又痛みのある箇所を軽く圧迫しながら、授乳し、圧抜きをしながら、乳輪の周りから内側に押すように搾乳していきましょう。


又乳房が腫れたり、熱を持っているときは、「キャベツ湿布」がオススメです。冷蔵庫で冷やした生キャベツの葉の芯を切り取り、乳頭を隠さないようにして乳房に貼りましょう。冷えピタやアイスノンは、熱を吸い過ぎてしまい、バストがいっそう硬くなる可能性がありますので、ちょっと冷っとするぐらいのキャベツがオススメです。

又痛みがひどく、腫れてしまっているような、乳腺炎の症状が強い場合は、お風呂には入ってはいけません。母乳が作られ過ぎてしまうため、シャワーにするようにしましょう。熱をもったら冷やすようにするのがポイントです。

 2.助産師さんによる授乳マッサージ

 
詰まりが発生すると、自分で痛みをとることができないため、助産院等で助産師さんい乳房マッサージをしてもらいましょう!助産師さんのマッサージは、本当に「プロの技」といっていいほど、母乳の詰まりが解消され、劇的に胸が軽くなりますし、柔らかくなります。本来であれば、定期的通うことで、乳腺炎にならなくなるでしょう。いい母乳とは、人肌くらいの温かくて、ほんのり甘いくらいの状態が良いと言われています。

 

3.切開手術


母乳がドロッとしている場合は、もうそれは乳腺炎なのです。こうなると赤ちゃんにとっては美味しくないものですので、嫌がって飲まないどころか不機嫌になってしまいます。その場合には病院で切開をして中の膿をとらなくてはいけません。適切な治療を行い、治療をしなくてはいけません。授乳中の切開手術は、麻酔を使用することができないため、その切開はとても痛みを伴います。切開手術にならないように、早め早めの対処とこまめな助産師さんのサポートを受けることで、切開手術をしなくて良いように、ケアをすることをオススメします。

◆まとめ

このように、乳腺炎は、あまく考えていると、とても痛みを伴う産後の病気の一つです。こうした切開手術にならないように適切なケアの方法を身につけることが、とても大切だということを覚えておきましょう。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

乳腺炎
乳腺炎の切開手術は痛いの?乳腺炎にならないための対策と私の体験談

今この記事をお読みになられているということは、もしかしてあなたも乳腺炎でお悩みを抱えている方でしょう …

乳腺炎
私が乳腺炎になった時の辛い体験談!皆様にぜひ知っておいてほしいこと

授乳中の皆様にあらかじめ伝えておきたいことがあります。乳腺炎は本当に辛いです。 肉体的な面や精神的な …

おやつ
◆授乳中におやつは食べても平気?産後に注意すべき食材とは

  妊娠中は、食事制限や体重管理を細かく行う産婦人科も多いため、おやつ等も制限される時期で …