産後に葉酸を摂取する必要性があるの?その理由とおすすめサプリとは

サプリ

「葉酸は、よく妊娠中の胎児栄養に必要不可欠な成分として国が摂取を推奨する程重要な成分ですが、実は出産を終えて授乳期でも、葉酸は摂取した方が良い大切な栄養素であることをご存知でしたか?」

ではなぜ産後や授乳中の女性の皆さんが、葉酸を摂取する必要があるか解説していきましょう。

産後に葉酸が不足すると

「葉酸」は、お腹の中の赤ちゃんの細胞分裂に大きく関わる栄養素であり、特に妊娠を希望する女性や妊娠中の女性は、欠かすことができない大切な成分なのです

しかし、そんな葉酸は、妊娠中だけに必要かというと、そういうわけではありません。実は、産後においてもとても欠かすことのできないものであり、後~卒乳期まで摂取すべき大切な栄養素なんです。特に産前にこの栄養素はもっとも大切であり、この葉酸が不足してしまうと、胎児に主に2つの影響があります。

<葉酸が不足による胎児への主な影響とは>

・先天性の病気や障害が残る可能性

・神経閉鎖障害

 

妊娠中に葉酸が不足していると細胞分裂がうまくできず、赤ちゃんの細胞の形成に支障をきたしてしまうのです。

赤ちゃんの細胞がうまく形成されないと、先天的な病気を引き起こしてしまいます。葉酸を十分に摂取することによって、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害のリスクは、「70%」も軽減するといわれています

しかし、胎児に葉酸不足の影響が一番出るといわれているのが、妊娠10週までの時期です。

妊娠期間の数え方は最終月経からになりますので、妊娠の初期症状に気付いたときには既に10週を超えているケースも少なくありません。もし妊娠を希望されている場合は、なるべく定期的に葉酸を摂取することが大切なのです。

葉酸は、ビタミンB群に含まれる栄養素で、主に「細胞分裂」と「DNAの合成」に関わっており、細胞の増殖が活発な妊娠初期のママと赤ちゃんに特に必要とされています。

産後や授乳期時に葉酸が必要な理由とは

それではいったいどうして出産後・授乳期に葉酸が必要なのでしょうか?出産後・授乳期には、妊娠中とは異なるのですが、実はとても大切な理由が4つもあるのです。

<産後や授乳期にも葉酸が必要な4つの理由とは>

・体調回復の栄養素としても有効

・血液造血作用による質の母乳生成をサポート

・授乳による貧血予防(赤血球の合成)

・自律神経やホルモンバランスを整える働き

 

1.葉酸は産後のママの体を回復させるために必要

産後のママの体、特に子宮は出産によって大きなダメージを受けており、また元気な赤ちゃんを妊娠、出産できるようにすることと、産後の腹痛を緩和させるためにもできるだけ早く子宮の状態を健康的な状態へと回復させることが望まれます。

その点で、葉酸には細胞分裂を促進する働きがあります。

出産後のママが葉酸を摂取すれば、葉酸の細胞分裂を促す働きによって子宮の回復が助けられることになり、産後の子宮の痛みの緩和にも役立つことになります。

 

2.造血作用により質の良い母乳作りに役立つ

赤ちゃんにとって大切な母乳は、ご承知の通り血液を通じて作られます。そのため、母乳を与え続けるためには多くの血液が継続的に必要になってきます。

葉酸にはビタミンB12と連携することで、血液(正確には赤血球)を作り出す「造血作用」があります。もし授乳期に葉酸が不足すれば健康的な血液が不足することになり、その結果、母乳が上手く作られなくなったり、母乳の質が低下してしまったりするのです。

又葉酸には、血管を拡張することで血行を促進してくれる作用もあります。

いくら血液が造られても血液を運ぶ血管が細ければ、乳房に十分な血液を運べず、栄養たっぷりの母乳を作ることも難しくなってきます。血行を良くすることで乳房に血液をしっかりと運び、良質な母乳を送ることができるのです。

 

3.貧血予防に効果的!

赤ちゃんに与える母乳 = 血液

母乳は、血液から作られるためこれによって起こる問題に「悪性貧血」があります。

葉酸の不足で造血作用が、上手く機能していない状態で母乳を与えていると、悪性貧血となり、めまいや立ちくらみだけでなく胃炎や白髪、手足の感覚障害などを招いてしまうおそれもあります。

 

4.葉酸は産後うつを緩和してくれる効果があるため

産後のママが陥りやすい症状に、「産後うつ」があげられます。 産後うつには大きく二つの原因が考えられますが、

<産後うつの主な原因>

・急激なホルモン分泌の変化

・自立神経の乱れ

 

女性は妊娠中に流産しないよう子宮環境を維持したり、赤ちゃんに母乳を提供できるよう乳腺を発達させたりするためのホルモンが分泌され続けますが、出産を終えた後は急速に妊娠前の一般女性のホルモン状態に戻ろうとします。

そのためホルモンバランスが大変乱れやすく、こうしたホルモンバランスの乱れが精神状態を不安定にさせて産後うつをひきおこす場合があります。

これをサポートしてくれるのが、「葉酸」です。

葉酸には自律神経やホルモンバランスを整え、産後うつの予防に大きな役割を果たしてくれます。

産後に必要な葉酸摂取量とは?

それでは、産後において実際どれくらいの葉酸を摂取しておけばよいのでしょうか?

産後の葉酸目安摂取量:100μg

1日当たりこれぐらいの葉酸量を摂取していれば、母体の回復や、赤ちゃんに与える質の良いサラサラした母乳を作ることができますので、産後においても定期的な葉酸の摂取をすることをおすすめします。



葉酸がうつ病に効果的な理由とは

・葉酸は神経伝達機能改善に効果的!

葉酸は赤ちゃんを妊娠した女性に必須の栄養素だといわれますが、それは、葉酸がDNA合栄にも関係している栄養素の一つだからです。赤

ちゃんは、葉酸が両親の卵子と精子の遺伝子情報を受精卵にしっかりと伝え、情報を伝達することでDNA合成が行われ、正常な胎児に成長していきます。

葉酸は脳が引き起こす心の病気であるうつ病に対しても、神経伝達がスムーズに進むよう促すことが出来るので、うつ病改善効果やうつ病の予防効果があるといわれます。

まとめ

このように、葉酸は、胎児へのDNA合成に必要不可欠のみならず、赤ちゃんが生まれた後も、質の良い母乳生成や母体の回復させる成分、そして、産後のうつ病になるやすい時期でも、この葉酸は、必要不可欠な成分なのです。

今では、様々な葉酸のサプリメントが多く出ていますので、ぜひ産後も継続してご活用されることをオススメします。



コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

サプリ
自律神経の乱れと闘った4年間!私はこれで改善した!自律神経の乱れの改善法とは

あなたは突然、不眠や肩こり、便秘等の身体の悩み抱えてお困りではありませんか?もしかしたら、あなたは、 …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …