乳腺炎・便秘・むくみ予防に万能効果!たんぽぽコーヒーの魅力とは

カフェインなし

妊娠中や産後には、赤ちゃんに母乳を与えなくてはいけないため、カフェイン等の成分は赤ちゃんの身体に影響を与えてしまうんです。でも、どんなに授乳中であってもやっぱりコーヒーは飲みたくなりますよね。

そんな時にオススメなのが「たんぽぽコーヒー」です。

そこで、どうしてこのたんぽぽの抽出成分が、乳腺炎や便秘・むくみ・冷え性等母体や胎児のケアや妊活中の身体ケアしながら安心して飲むことことができる万能なコーヒーなんです。

そこでこのたんぽぽコーヒーがよいのかその魅力についてご紹介していきましょう。

カフェインがいけない理由とは?

特に妊娠中に気になるのがカフェインです。カフェインは、産婦人科にいくとどこでの摂取を控えるように促される成分の一つ。しかし、どうしてカフェインが胎児に影響を与えるのでしょうか?その理由には、下記4つの理由が挙げられます。

<カフェインがいけない理由とは>

・娠中のカフェインで流産確率が2倍以上に上昇

・胎児の胎児発育障害や低体重出産の危険性

・カルシウムの排出作用があり、骨粗しょう症の危険性

・鉄分の吸収を阻害する作用があり、貧血の危険性

 

上記4つのようなリスクを伴う可能性があるのです。

カフェイン自体胎児への影響は認められていませんが、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでいます。

コーヒー自体にはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3~4杯までにすること」と呼びかけています。

1日当たりのコーヒーの目安摂取量とは

妊婦でもOKなカフェイン摂取量がある?1日どのくらい?

・コーヒー等の目安摂取量:1日3~4杯

カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、紅茶・ココア・コーラ飲料は、ほぼ同程度のカフェインを含んでおり、コーヒーにはこれらの約2倍のカフェインが含まれていることから、妊婦はコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべきと呼びかけています。

カフェインを含む飲み物を把握しておこう!

『カフェイン摂取量1日100mg以下』と言ってもなかなかイメージが湧かないと思います。カフェインと言えばコーヒーですが、緑茶、紅茶、コーラ、ココア、ウーロン茶、チョコレートなどにも含まれていますので、それぞれどのくらいのカフェインが含まれているのか把握しておくと良いでしょう。100mL当たりにカフェイン含む代表的なものをご紹介します。

<100mL(mg)当たりの150mg以上のカフェインを含むもの>
・玉露のお茶
・缶コーヒー
・チョコレート

<100mL(mg)当たりの10~30mgのカフェインを含むもの>
・ココア
・煎茶
・ウーロン茶
・抹茶
・玄米茶
・ほうじ茶
・コーラ

たんぽぽ根とは

そこで、おすすめなのが、たんぽぽ根で抽出された「タンポポコーヒー」なんです。産前産後だけではもったいない!タンポポコーヒーの女性に嬉しい効果効能タンポポコーヒーという飲み物をご存知ですか。

タンポポと言うと、食材として利用するイメージがあまりわかないですが、もともとタンポポの根はコーヒーというよりも「蒲公英(ほうこうえい)」として漢方薬でも古くから使われてきた歴史のある植物なのです。春先にあちこちで咲き乱れ、繁殖力がとても強い植物なので、雑草と紛れて咲いている感もありますよね。そう、「タンポポコーヒー」というのは、あのタンポポの根を使った飲み物なのです。

ただ厳密にいうと、「タンポポ茶」という名前がついている時は、根だけでなく葉や茎の部分も含まれたお茶であることが多いです。中国の古書でも「味は、甘く、平、無毒。婦人の乳腺炎によし」と妊活中の女性の身体に効果のある漢方として知られていました。たんぽぽ根とは、その名の通り「たんぽぽの根っこ」です。 古くから中国では漢方薬として親しまれてきて、その効能から各国に伝わってきました。

 

<たんぽぽ根の効能とは>
・保温効果
・血流改善
・乳腺炎改善

血流を良くし母乳の分泌を促してくれます。 例えば、含まれている苦味成分「タラキサシン」は、代謝を良くし、母乳分泌をサポートしてくれる成分なのです。

タンポポに含有される成分とは

タンポポに含有される成分には、部位によっても異なっており、下記のような成分が挙げられます。

<花びら部分>
・ルテイン

<葉の部分>
・ビオラキサンチン
・ビタミンA、B、C群
・K

<根っこの部分>
・タラキサンシン(苦み成分)
・イヌリン
・コリン
・フェノール

たんぽぽコーヒーの特徴について

たんぽぽコーヒーには、主に下記のような効果があると言われています。

<産前産後のたんぽぽコーヒーの効果とは>
・乳腺炎
・冷え性
・むくみ改善
・便秘解消
・疲労回復
・生理痛改善
・不妊治療

 

1.利尿作用によるむくみ改善

イソクエルシトリンを含むタンポポコーヒーには、利尿作用があるため老廃物や余分な水分を排出する働きがあるため、これによって妊娠中に起こりやすいむくみの原因を解消できます。

タンポポコーヒーは、カフェインレスではありますが、コーヒーと同じように強い利尿作用があります。「おねしょのハーブ」と呼ばれるくらい、古くから利尿効果のある植物としてしられるほど、むくみの予防や改善に効果があるといわれています。

むくみだけでなく疲労回復にもつながりますから、仕事中の飲み物しても良いかもしれませんね。

また、利尿作用によって腎臓の負担を軽減し、腎機能の改善にも役立つとされています。また、カリウムも豊富に含んでいるので、余分な塩分も排出します。

 

2.血行促進を促すため冷え性にも効果的!

コーヒー、紅茶などカフェインが含まれた飲み物は身体を冷やしてしまうのですが、タンポポコーヒーは「陽性食品」に分類されるので、冷え性改善の効果が期待できるのです。

毛細血管を強化し、血行促進効果もあるので、身体を温める作用とともに便秘の改善にも役立ちます。

 

3.便秘改善にも効果的!

タンポポコーヒーに含まれるイヌリンという水溶性食物繊維は、ごぼうにも含まれている食物繊維です。

このイヌリンは、胃の中で膨らみ、ゆっくりと腸を通過しながら老廃物などを吸着して外に排出する働きがあります。

食べ過ぎも防ぐとともに、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれるので、便秘にも下痢にも良い効果が期待できるのです。

但し、もし便秘の改善に活用しても変化が現れなかった場合は、これだけでは改善しないかもしれません。それは、しつこい腸内環境の乱れが起こっている可能性も。そんな時は、乳酸菌とオリゴ糖も同時に摂取しましょう。

 

⇒乳酸菌やオリゴ糖について詳しく知りたい方は、こちらのページをご確認下さい。

たんぽぽコーヒーが乳腺炎に効く理由とは

それでは、どうしてたんぽぽコーヒーが、乳腺炎に効果があるのか、それは2つの理由が挙げられます。

<たんぽぽが乳腺炎に効果がある理由とは>

・母乳分泌促進作用のある「タラキサンシン」配合

・鉄分(Fe)とカリウム(K)が血行促進をサポート!

 

タラキサンシンという苦み成分が母乳の分泌を促進するといわれています。タンポポの根や茎を切ると乳白色の汁が出てきますが、それがタラキサンシンです。

母乳不足は様々な原因がありますが、水分不足もそのひとつ。このたんぽぽコーヒーに含まれている「タラキサシン」という成分は、肝臓の働きを良くしてくれる働きがあります。

肝臓の働きが良くなると、女性ホルモンの1種であるエストロゲンの過剰分泌を防ぐことができるので、結果的にホルモンバランスが整います。

またエストロゲンの分泌が抑えられることで「プロラクチン」という母乳を出すホルモンが正常に働くので、母乳の量が適度な具合に調節されるというわけです。

 

<母乳の主な成分>

・母乳 =「血液」+「水分」

 

血液がサラサラで血行が良くなると、母乳が詰まりにくくなります。

又たんぽぽ根には、血行を良くしてくれる鉄分やカリウムが豊富に含まれているため、母乳の質も良くなり乳腺炎になりにくくなるのです。

タンポポコーヒーの味って?美味しく飲むためのコツとは

タンポポコーヒーの味って、どんな味か気になりますよね。コーヒーと言われていますが、実際にはコーヒーではありません。

但し焙煎されたたんぽぽの見た目や風味は、コーヒーにすごく似ているため、この名がついています。しかし味自体は、どちらかというと「濃いほうじ茶」や「麦茶」に近いかもしれません。

あ、実際似てますよ。どちらも穀類の風味で、特にたんぽぽコーヒーは、ちようど麦茶とコーヒーの中間みたいな味がします。

<味に関して>

・野原の味

・麦茶のような味

・麦茶とコーヒーの中間のような味

 

キャラメルのような独特の甘みもあり、牛乳を入れるとカフェオレのような味わいにすることもできます。

そのままでも香ばしい香りで美味しいタンポポコーヒーですが、飲みにくいと感じる場合には、牛乳や豆乳をプラスすると味もまろやかになり、おいしくなりますよ。

又タンポポコーヒーは、冷たくして美味しく飲むことができますが、水出しでは栄養価が半減してしまいます。

熱湯で抽出することで栄養成分を抽出することができますので、必ず熱湯で抽出して下さいね。

 

タンポポコーヒーに副作用はあるの?

タンポポコーヒーの副作用についてですが、まずカフェインはありません。

又これまでに大きな副作用に関しては報告されておりませんので、その点は安心してご利用下さい。

ただし、どのような食品でも、自分の体質や口に合わないこともありますので身体と相談しながら飲むようにしましょう。

肝臓や腎臓の機能を改善する効果が期待されるタンポポコーヒーですが、だからこそ、その部位に何かしらの疾患をお持ちの場合には、飲んでも影響がないか、医師に確認してから飲むようにしましょう。

 

たんぽぽコーヒーの利用者の生の声とクチコミについて

 

私は妊娠中に、足のむくみが非常にひどかったのですが、このタンポポコーヒーを飲むようにしてからむくみがほとんどなくなりました。足が疲れなくなったのがすごくうれしいです。

私は、冷え性で悩んいたのですが。、 夜眠る前に飲むとほっと落ち着くし、体も温まるしでおすすめですよ。

冬はさすがに体の冷えは感じますが、手足の冷えは和らぎます! 手足が冷えて布団の中でガタガタ震えて寝付きも悪かったですが、たんぽぽコーヒー飲んでからはかなりよくなりました。

まとめ

このように、タンポポコーヒーは、カフェインを気にせず、おっぱいの出をよくしてくれる魔法のような飲み物で、出産後の母乳の悩みを解消するのにとても効果的な飲み物といえます。

また産後のみならず、産前にも非常に活用できるものであり、特に、妊娠中でカフェインが気になってコーヒーが飲めないあなた。そんなコーヒーが飲めない時に、コーヒーが飲むことができ、血行促進効果もあり身体にも良い活気的な飲み物ですので、ぜひ妊活中の方は定期的に活用して見て下さいね。



 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

便秘
赤ちゃんの辛~い便秘!うんちが出やすいおすすめマッサージと解消法とは

赤ちゃんが突然泣き出したり、力んでいるのにうんちが出ないことも。赤ちゃんの辛ーい便秘の悩み!早く解消 …

お小遣い稼ぎ
専業主婦のお小遣い稼ぎにおすすめ!アンケートサイト3選!徹底解説

専業主婦として家事育児に追われていると、以外と時間があっという間に過ぎてしまい、働きに出るのも以外と …

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …