不妊対策に効果的!おすすめピニトール配合妊活サプリの魅力とは

不妊

ここ近年、ピニトールという成分がとても注目されています。ピニトールは、糖尿病の治療にも使われていますが、研究により不妊にも効果があることが報告されてきているのです。

こでそんな妊娠中の悩みを解決できる「ピニトール」について詳しく解説していきましょう。

不妊の悩み・・「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」とは

不妊に関する主な悩みの原因は、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」とも言われています。

<多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)について>
この多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、生殖年齢の女性の5~8%の女性に見られる疾患で、

不妊の原因:「20%

もの割合を占めると言われています。この疾患の特徴には、下記の様な症状が見られます。

<症状の特徴とは>
・月経周期の乱れ
・ニキビが多い
・声が低くなる
・体毛が濃くなる
・肥満

等、このような自覚症状が見られます。 一般的に生殖年齢を迎えると、成熟した卵胞が卵巣から飛び出し、排卵が行われます。 排卵が行われるためには、卵胞を20mmほどの大きさにまで育てる必要があるのですが、PCOSの場合は卵胞を十分に育たたないまま成長が止まってしまうのです。

そして、成長しきれなかった卵胞は、卵巣内に蓄積することで、次の周期に質の良い卵子生成の邪魔となり、月経周期に乱れが生じてくるのです。これによって、上記の様な様々な異常が現れるようになります。

LPCOSの原因とは

 PCOSが起こる原因は様々な説があるため、はっきりとした理由はまだ解明されていませんが、「内分泌異常」「糖代謝異常」の2種類が原因で起こると考えられています。

<LPCOSの2つの原因とは>
・内分泌異常
・糖代謝異常

1.内分泌異常
卵胞の発育は、脳下垂体から生成される

・LH(黄体化ホルモン)
・FSH(卵胞刺激ホルモン)

という2つのホルモンに促されます。 しかし、PCOSは、このうちLHの分泌が異常に増えてしまい、FSHとのバランスがとれなくなり、卵胞の発育が妨げられてしまうのです。卵胞がきちんと発育・成熟し、ある程度の大きさにならなければ排卵は起こりらないのです。

 2.糖代謝異常
インスリンは、すい臓から分泌されるホルモンのことで、血糖値を下げる働きがありますが、PCOSの症状が起こることによって、血中のインスリン濃度が通常よりも高くなります。この濃度が高くなることで、卵胞の発育が妨げられてしまう糖の代謝異常が起こってしまうのです。

ピニトールとは?

そこで、こうした異常をケアしてくれる成分が「ピニトール」なんです。

<ピニトールとは>
ピニトールとは、大豆などマメ科の植物に含まれているビタミンB群の成分です。血糖値を下げる効果があるため「植物性インスリン物質」と呼ばれています。
その主な効果として、

<ピニトールの効果効能とは>
・糖尿病
・肝臓保護効果
・アレルギー性皮膚炎
・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善
・肥満解消効果

また近年の研究ではPCOSにも改善効果があるとされ、注目が集まっています。日本では、まだピニトールの効果は広く知られていませんが、海外では不妊に悩む女性のサプリメントとして活用されています。

Lピニトールが含まれる食材とは

それでは、このLが含まれる食材にはどんなものがあるのか、それには、主に3つの食材が挙げられます。

 

<Lピニトールが含まれる3つの食べ物とは?>
・L大豆製品
・Lルイボスティー
・Lアイスプラント

ピニトールは、1日に180~1200mgが摂取量の目安とされています。摂取量にかなりの幅があるのは、ピニトールが水溶性ビタミンの一種だからです。水溶性ビタミンは、汗や尿と一緒に体外へ排出されやすいので、摂りすぎたとしても健康面で大きな心配はいりません。

しかし、体内に蓄積がされず日々排出されてしまうため、毎日積極的に摂取する必要がある成分とも言えます。では、仮に300mgのピニトールを摂取する場合は、何をどれだけ食べれば良いのでしょうか。 下記にピニトールが含まれている代表的な食品を列挙しました。

1.L大豆製品

大豆なら約500粒、豆乳なら約800mlを飲むと1日の推奨量に達することができます。ただ、同じ大豆製品でも納豆にはピニトールがほとんど含まれていません。 納豆が発酵する際に、納豆菌によってピニトールが分解されてしまうからです。 大豆や豆乳だけでピニトールの推奨量をクリアするのは、とても難しいと言えるでしょう。

2.Lルイボスティー

美容や健康に効果が抜群なルイボスティーにも、ピニトールが含まれています。しかし、推奨量をクリアするためには約100杯ものルイボスティーを飲まなければなりません。 水代わりに摂取したとしても、1日10杯程度が限界ですので、こちらも現実的とは言えません。

3.Lアイスプラント

プチプチとした食感とほのかな塩味がする野菜で、ヨーロッパでは古くから愛されてきた食材です。大豆の約8倍、ルイボスティーの約30倍のピニトールが含まれています。しかし、推奨量を摂取するには1日で250gも食べる必要があります。また、日本ではまだ流通量が少なく値段も高いため、毎日続けるのは難しいと言えるでしょう。

このように、ピニトールが含まれている食品や含有量はとても少ないため、食べ物だけで推奨量を摂取するのはとても困難です。そのため、ピニトールを無理なく摂取するにはサプリメントをおすすめします。

ピニトールの副作用の危険性とは

ピニトールは天然成分となっているため、基本的に副作用はありません。しかし、どんなに有効だと言われている成分も、過剰摂取は健康に害を及ぼす心配が全くないとは言えません。ピニトールサプリを使用する際は、用法・用量を守るようにご注意ください。

ダウン症への改善効果とは


ダウン症は先天性の障害の一つで、卵子または精子の生成時、もしくは受精卵の発育初期の分裂異常により起こります。健康な20歳の女性でも1/1667の確率で発症し、全体ではおよそ1000人に1人がダウン症児としてこの世に生を受けます。

ピニトールは、ダウン症発症率が下がる効果が認められてはいません。排卵障害の改善に効果が見られますが、卵子の染色体異常への効果は確認されていませんので、知っておきましょう。

・ダウン症に効果はない

現在の研究では、「ピニトールがダウン症の発生率を下げる。」という明確な根拠は出されていないようです。ピニトールの効果は、あくまでも男性ホルモンを正常化して卵子が発育できる体をつくること、周期ごとの排卵を促すことです。しかし、ピニトールを摂取することでダウン症児が生まれるリスクが高くなる、といった副作用も報告されていません。

まずは妊娠できる体をつくるための第一歩として、月経周期を整える、排卵をがきちんとできる、ということを目標にピニトールサプリを摂取することをおすすめします。

ダウン症のリスクを軽減するのには?

また、ダウン症児のリスクを下げるための体づくりを同時に行いたい場合は、葉酸の含まれるサプリを摂取すると良いでしょう。

・ダウン症には「葉酸」が効果的!

葉酸を十分に摂取すると、染色体のコピー複製に必要な栄養素が補給され、先天性異常のリスクを下げることができます。

おすすめなピニトールサプリ「ママナチュレ葉酸サプリ」の魅力とは

そんな妊活中に私が出会ったサプリがママナチュレだったんです。ママナチュレは薬ではありません。食品なのですが、そのなかでも国が定めた栄養成分の上限も下限もはみださない、つまり不足せず、過剰にならない正しい規格基準値にしっかりと合った栄養補給のための食品「栄養機能食品」なのです。そんなママナチュレの葉酸サプリには、下記の様な特徴が挙げられます。


<ママナチュレ葉酸サプリの8つの特徴とは>

・天然酵母ベース葉酸(400μg)
・マカ(300mg)
・乳酸菌
・シールド乳酸菌
・ピニトール(300mg)
・鉄分
・ルイボス末・大豆イソフラボン・ザクロエキス
・ビタミン・ミネラル

ナチュレ葉酸サプリの味や外観の特徴について

妊娠中は、体調が不安定になりやすく、つわりで薬を飲むことさえも辛いことがあります。そんなママたちの声に答えるために飲みやすさや形や大きさにも追求された商品になっています。それではママナチュレ葉酸サプリの味や大きさ等についてご紹介していきましょう。


<味や大きさについて>
・他社と比較しても小さいサイズ9mm
・形状が丸型
・3粒のみなので飲みやすい
・持ち運びにも考慮したパウチタイプ
・無味無臭の安心の味わい

ママナチュレは、1粒あたりがやや大きめとなっています。それでも飲み辛いというほどの大きさではありませんので、安心して飲める範囲でしょう。1粒ずつ水で流し込めば問題ありません!

1日3粒目安を毎日続けよう!ママナチュレの目安量は、1日3粒を水またはぬるま湯で。粒は大きめですが、1日分が3粒ですので、問題なく飲めるかと思います。無味無臭で飲みやすいですね!

 ⇒【ママナチュレ葉酸サプリ】の詳細はこちら!

ナチュレ葉酸サプリを利用者の生の声・クチコミ

 ナチュレ葉酸サプリを利用された方々の生の声をお聞き下さい。

私自身も愛用者の一人でした!

 ママナチュレは妊活に必要な葉酸だけじゃなく色んな成分が配合されているので気に入ってます。乳酸菌も一緒に摂取出来るのが嬉しいですね。ママナチュレのおかげなのかお通じが凄く良くなりました。お通じが良くなるとストレスが軽減されるので、妊活にも効果を感じています。鉄分も配合されていますし、女子には最高のサプリだと思います。ママナチュレを飲み始めてから体調を崩す事が無くなりました。

・30代女性(4年目)
葉酸サプリのおかげで、貧血の予防に繋がったので、目まいが起きにくくなりました。 特に妊娠中の胎児や、乳幼児の成長のサポートをしてくれるので、凄く助かります。

葉酸は必要不可欠な栄養素だけど、食材から摂ろうとすると料理をしたりと手間がかかってしまいます。その点サプリだと、気軽に葉酸を摂取する事ができるので、楽で良かったです。

・30代女性(5年目)
葉酸以外に乳酸菌等も入っているので、1つでいろいろな成分が摂れて良いと思い選びました。 個人的には値段が少し高いかな、と思います。 粒は小さめとなっていましたが、私個人的には少し大きく感じてつわりの時に飲むのは少し大変でした。

これを飲んだからどうとかはわかりませんが、つわりが酷く何も食べられない状態で点滴の生活でも健康な赤ちゃんが産まれてくれたので飲んでいて良かったと思っています。

ママナチュレ葉酸サプリの安全性について


ママナチュレ葉酸サプリは、

・香料
・着色料
・保存料
・防カビ剤
・膨張剤
・苦味料
・光沢剤

等全て不使用で、ママと胎児の身体を守るためにつくったものだからと、全て無添加安心成分で作られています。その他にも安心してご愛飲頂けるように日建永協GMPよりもさらに厳しい基準の医薬品や医薬部外品の認定向上で製造を行っております。品質についても徹底した管理・検査を行っています。

又もう一つの安全性のこだわりとして放射線チェックを行っています。皆様に安心して飲んでいただけるように、徹底した品質の追求を目指したサプリメントとなっています。 

まとめ


このように、妊娠前から不妊対策として効果的なピニトールは、あなたの妊娠しやすい身体作りサポートしてくれる妊活準備にとても大切な成分となっています。そればかりでなく、妊娠中に大切ば葉酸やあなたの身体の調子を整える乳酸菌等も配合されているため、しっかり妊娠前~妊娠中の間の母体及び胎児の身体の形成を促す成分が豊富に含まれていますので、ぜひ妊活中のサポートに活用してみて下さい。

⇒ピニトール配合【ママナチュレ葉酸サプリ】はこちら!

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サプリ
妊活時期に合わせたおすすめ葉酸サプリ!「みんなの葉酸」の魅力とは

妊娠中に胎児成長を促すとも言われる「葉酸」。妊娠されている方へこの葉酸を摂取することを国が推奨してい …

サプリ
妊娠中は葉酸+乳酸菌も大切!「ママニック葉酸サプリ」の魅力とは

妊娠中になると、様々な食べ物が制限されるため胎児に栄養が行き届いているか心配になりますよね。又妊娠中 …

不妊
海外でも注目成分「ピニトール」!妊娠前から始める葉酸サプリ「ママナチュレ」の魅力とは

妊娠するには、妊娠前からの身体のケアが、とても大切です。胎児の成長に欠かせない「葉酸」は、妊娠中に必 …