産後の悩み産後うつ!その予防法と対策法とは

産後

出産が終わってホッと一息したいところですが、すぐに育児が待っています。産後には、日々の赤ちゃんの授乳や夜泣き等で育児疲れが起こり、寝ようにも中々寝ることができくなったり、辛い毎日を過ごされているお母様方も多いのではないでしょうか?

そんな時期の身体の異変として怖い症状が、「産後うつ」なんです。いったいどうして産後にこうした危険な病気が発症してしまうのでしょうか?又産後うつの予防法や対策法はあるのでしょうか?そんな産後の悩みにおいて特に命を落とすこともあるという産後うつについてその症状や対策方法をご紹介していきましょう。

◆産後うつとは

「産後うつ」とは、産後の女性ホルモン分泌の低下や生活の変化によって、気分の落ち込んだ状態が続き「うつ病」と同様の症状が出てしまうことを言います。

 

 

◆産後うつになった方の生の声とその体験談のご紹介

生後1ヶ月たった時に、保健師さんの自宅訪問があり、育児相談にのってもらう機会がありました。

 

その時の症状として・・・

・眠ろうとしてもとにかく眠れない
・育児が辛くてたまらないと思っている自分をダメな母親だと責めてしまう
・情緒不安定で気持ちが沈んだり、イライラが続いている

ということを話すと、「産後うつ」の可能性があるので、病院へ行くことを勧められました。しかし、母乳育児にこだわっていた私は、薬を飲むことで母乳育児が続けられなくなるのではないかという不安から、病院へなかなか行かずにいました。その結果、不眠や気分の落ち込みなどの症状は悪化していったのでした。

臨床心理士さんとじっくり話したことで、母乳育児を続けられる薬があることや、母親と子どものケアに力を入れているクリニックを紹介してもらい、薬で治療しながらカウンセリングを受け始めました。

カウンセリングでは、とにかく自分が今どんな状況でどんなことを感じているのかひたすら話を聞いてもらい、解決策を考えたり、溜まった不安や不満を吐き出して心の中を整理することのできる時間でした。ようやく不眠が解消に向かい、子どもに起こされてもすぐ睡眠に戻れるようになったことで短期間の間に不眠の症状が改善し、気持ちの面でも安定していったのを感じました。

生後10か月から保育園に入園できたこともあり、仕事を無事に再開することができたのです。家事についても夫と何度も話し合いを重ね、工夫しながら分担することで、今はなんとか仕事と育児の両立ができています。

もし私がもう一度新生児から育児をやり直せるとしたら、産後うつになった経験を活かし、「育児はこうあらねばならない」と自分を追い詰めるのではなく、肩の力を緩めて、育児における色々な選択肢の中から自分が楽だなあと思うやり方を取り入れながら、周囲にもっと頼りつつやれたらなあと思う気持ちがあります。

これから出産する方は、不眠や産後うつかな?と思う症状が見られたら、どうか自分一人で悩みを抱えずに、保健師さんに相談したり、自治体の相談サービスを積極的に利用したりして、早めに病院に行くことをぜひお勧めしたいと思います。

育児をしていると、楽しめる日も楽しめない日もあります。でもどうか焦らずに力をゆるめる時間を意識してつくってみてください。ママと子どもが一緒に笑顔で楽しく過ごせる時間が少しでも増やせればいいなあと思います。

◆産後うつにならないための予防法とは

そこで私が感じた産後の悩みを解決するための方法を5つご紹介していきましょう。

 

<産後うつにならないための予防法とは>
・まず第一に家族のサポートを密にしよう!
・ママ友を積極的に作りましょう!
・自分をもっと許しましょう!
・必要に応じてセロトニンサプリの活用しよう!

子育て中は、しゃべることのできない赤ちゃんと二人きりです。孤独感に苛まれることと、赤ちゃんへの理解ができないことの不安から心身の異常が発生しやすなります。まずは旦那にも夜の赤ちゃんもサポートを手伝ってもらいましょう。なるべく気にせず眠るように、交代してやりましょう。

続いて、昼間の不安を取り除くには、同じ境遇にあり、同調してもらえるママ友が、とても心身を和らげてくれます。必ず一緒にお茶や話ができる仲間を作って下さい。これは、絶対に必須です。

各市の自治体では、マタニティ教室等様々なイベントをやっている自治体が多く、そうしたイベントでママ友と仲良くなることができます。こうしたイベントに積極的に参加することで友達を作ることができます。

赤ちゃんが泣くことは、自然なことです。それがストレスになりますが、ミルクを上げたり、マッサージをしたり、色々な方法で知らずのうちに泣き止んでいますので、ママも疲れたら、一緒に眠るようにしましょう。

又身体の異常を感じたら、セロトニンを含むサプリ等もありますので、こうしたサプリを活用するのもよい方法です。私も産後このリラクミンプレミアムやクリアを利用していました。

その効果や体験談についても解説していますので、ぜひ見てみて下さい。

 育児疲れ・イライラ解消~MamaBabyHelp
育児疲れ・イライラ解消~MamaBabyHelp
http://tarmiyan.pinoko.jp/2018/07/31/fumin_rilakumin/
育児に疲れた・イライラ・不安の悩みを一緒に解決します!健康・美容・便秘・不眠・病気等悩みに応じた最新のおすすめサプリや健康グッズをご紹介します。皆様の妊活・産後の悩み解決と生活改善にご活用下さい。

 

今では副作用のない安心したサプリも多数ありますので、活用しながら予防に努めましょう。

⇒「リラクミンサプリ」についてはこちら!

◆産後うつの改善方法とは

もし産後うつの可能性が高いと感じたら、何よりもまず早期発見・早期治療をすることが大切であり、自分が産後うつになっていることをしっかり見つめて、医者に相談しカウンセリングを受けることが産後うつの早期改善につながります。

 

又カウンセリング時には、ご家族のサポートが必要不可欠なんです。ご家族と一緒にカンセリングの方法を学んでいきましょう。

・安静にできる環境
・甘えることができる環境
・同じ子育ての悩みをもった会話に同調してもらえる環境

 

こうした環境作りが、時間と共に、産後うつという病状を取り払ってくれることでしょう。

 

◆まとめ

産後うつは、日本社会が核家族化した時代から、ずっと悩まされ続けている問題の一つです。だからこそ、産後うつという病気に関して、全ての家族が他人事に考えてはいけないのです。時代の流れによって、社会で働く男性も休みを取りやすい社会環境が少しずつ構築されてきていますので、そうした仕組みを上手に活用しながら、産後うつの問題を家族皆で解決していきましょう。

⇒次ページにて、産後うつに関するさらに細かい対策方法を解説していきましょう。




 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お小遣い稼ぎ
育児をしながら稼げる!主婦でも簡単!在宅で軽く稼げるポイントサイトとは

専業主婦の皆さんは、日々家事育児に追われてしまい、外出してアルバイトをするぐらいの時間がなかったりす …

便秘
産後は痔になりやすい!?その対処法とは

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩み。その悩みの一つに産後になると「痔」になった。また痔に …

産後
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?その虫刺されの対策法とは

皆様は、赤ちゃんや子供がいるとどうして子どもの所に蚊がよってくるんだろう?又いつこんなに刺されたのと …